電車&徒歩で女ソロキャンプ・一人旅・一人グルメなど

おひとりさまですブログ。|女ソロキャンプ始めました

女ソロキャンプを始めよう!

電車徒歩キャンプにキャリーカート最強説。荷物の運び方を全部みせます。

キャリーカートキャンプ

こんにちは、電車・徒歩キャンプを実践中の女ソロキャンパー和泉です!

「え、車ないのにキャンプ??」

そんな声が聞こえてくるわけですが、どうしてもキャンプがしたい!したい!そんな欲望を持って、電車や徒歩でも行けるキャンプ場を目指して出かけていくのが徒歩電車キャンパー。

むしろ、車でキャンプなんて邪道だぜ!くらいの勢いでやってやりましょう。

ということで、今回は、実際に関西のキャンプ場で電車・徒歩キャンプに実践中の私がどんな方法で荷物を運んでいるのか?装備はどうなっているのか?詳しく解説していきます。

 

【結論】電車と徒歩キャンプには、キャリーカートが最強

私は電車・徒歩ソロキャンプ歴1年半ですが、これまで色んな方法で荷物を運んできました。

あーでもない、こーでもない。実際にやってみないとわからないことがいっぱい。

でも、回を重ねるごとに、どんな運び方が最強かが見えてきました。

荷物の運び方 メリット デメリット
40Lバックパック 移動が楽 肩が痛い、荷物が入らない
スーツケース 見た目がスタイリッシュ 車輪が小さく、すぐ躓く
キャリーカート 車輪が大きく移動が楽 荷物がハミ出る

私自身、電車徒歩キャンプをするので、これまで色んな方法を試してきました。

結論から言うと、キャリーカートが最強です。

最初は40Lのバックパックがメインだったんですが、バックパックに重い全部の荷物を詰め込むことで、肩への負担が大きくなってしまい、体力的にわりとしんどかったんです。

そして、次に、スーツケース。

今はスーツケースでキャンプ場まで移動する方も増えているようですが、スーツケースは車輪が小さいので、本当に移動が大変。ちょっとした段差でもすぐに躓くんです。

キャンプは重い荷物を入れるので、ちょっとした段差で躓かれてしまうと、けっこう辛いんですよね。

しかし、キャリーカートに変えてからは、車輪が大きいので、移動が楽々に。

  • 肩への負担がない
  • ちょっとした段差に躓かない

今はキャリーカートで荷物を運んでソロキャンプに行くのが私のスタイルになっています。

電車と徒歩キャンプ荷物の運び方1.バックパック

電車と徒歩キャンプ荷物の運び方1は定番の「バックパック」。

初のソロキャンプ

初のソロキャンプの荷物の運び方はこんな感じ。

いたってシンプル?最初のソロキャンプはまだまだ荷物が少なかったです。なので、40Lバックパックと手提げ袋で行けました。

これにテントやシュラフや炭も入っています。あと食材も。

デメリット

40Lバックパック+手提げ袋キャンプのデメリットは?

  • 荷物が重い
  • 肩への負担が大きい

バックパック40L+手提げ袋の荷物の運び方のデメリットとしては、とにかく「荷物が重い!」

片道1時間半近く掛けて電車と徒歩移動でキャンプ場に向かうわけですが、肩への負担がキツかったです。

バックパックに全ての重い荷物を詰め込んでいるので、重量オーバーも良いところ。

40Lで肩への負担が大きかったので、60Lとかそれ以上の重さを持つのは結構しんどいでしょう。

メリット

逆に、40Lバックパック+手提げ袋キャンプのメリットは?

  • 電車徒歩移動がしやすい
  • 周りの迷惑にならない

もちろん、良い点もありました。

バックパック+手提げ袋は、電車と徒歩移動がしやすい。

キャンプとなると荷物が多いので移動時に周りの人に迷惑を掛けないことが私の中では大事なことでして、バックパックと手提げ袋だと電車でそこまで幅を取らないので人の迷惑にはなりにくかったですね。

あと、階段が降りやすいです。しんどいけど。

キャンプ時の模様

なんとも言えないダサさ。

たぶん、ブルーシートのせいかと思われます。やってくれました。

電車と徒歩キャンプ荷物の運び方2.スーツケース

電車と徒歩キャンプの荷物の運び方2は「スーツケース」です。

2人デイキャンプ

スーツケースキャンプ

2回目、母との2人デイキャンプの荷物の運び方はこんな感じ。

画像にはないのですが、これにプラスしてバックパックです。

これにプラスしてバックパックもあるので、結構、荷物が増えています。

そして、DODテント。これがワンタッチのため、収納サイズの高さが70cmもあって、バスに乗っている時に「あら、大きな荷物ね」と言われてしまいました・・・・。

キャンプ時の模様

なぜか、この時期は、テントの中にすべての収納するスタイル。スッキリ―。

この日は、母と2人のデイキャンプでした。

デメリット

スーツケース(キャリーケース)でキャンプのデメリットは?

  • 車輪が小さい
  • ちょっとした段差でも躓く
  • 階段がしんどい

今、スーツケースでキャンプする人が増えていますが、私はスーツケースキャンプは卒業しました。

というのも、スーツケースでキャンプの一番のデメリットは、車輪が小さい!!!

電車徒歩キャンパーは歩く宿命にあるので、車輪が小さいスーツケースでは、ガタガタ道で何回も車輪が引っ掛かりスーツケースが傾き、前に進まないんです。これ結構キツイんですよ。

そして、当然ながら、階段はキツイです。これは仕方なしです。

メリット

逆にスーツケースキャンプでのメリットは?

  • 見た目がスタイリッシュ
  • 荷物がはみ出さない

逆にキャリーケースキャンプのメリットとしては、見た目がスタイリッシュ!

見た目が悪くなく、電車に乗ったときも、「旅行やな~」っていう周囲の目線で済むので、迷惑が掛かってる感が減るんですよね。

あと、荷物もはみ出さないのでその点は良いですよね。

ただよ、ただね、スーツケースは、やっぱり車輪が小さいのよ。徒歩移動が本当に大変つらい。

 

車輪が大きいスーツケースがあればなと思い、色々探したりはしたんですけど。。

以下の商品は車輪が大きいので良いかもしれませんが、容量が気になるところ。

電車と徒歩キャンプ荷物の運び方3.キャリーカート+バックパック

電車と徒歩キャンプの荷物の運び方3は「キャリーカート+バックパック」です。

3回目のソロキャンプ

キャリーカートキャンプ荷物

3回目、ソロキャンプ荷物の運び方はこんな感じ。

この時から、BUNDOK キャリーカート Mサイズがメインのに荷物運び方法に。

ほらほら、車輪が大きいでしょ。でしょ。

キャリーカート車輪

キャンプ時の模様

なんと、コット(ベット)やゴミ箱まで持っていって、グレードアップ。

そして、しかも一人なのに大きなテントでございます。

デメリット

キャリーカートのデメリットは?

  • 荷物を入れ過ぎてしまう
  • 荷物がハミ出る
  • 階段がしんどい

車輪が大きいBUNDOK キャリーカート Mサイズに移行したわけですが、デメリットがないわけではありません。

スーツケースよりも大きい物をスイスイ運べるので、荷物を入れ過ぎてしまう!!

電車徒歩キャンパーなのに、あれもこれもと運んでしまうようになるんです。

あと、スーツケースの場合、ケースから荷物がハミ出さないですが、キャリーカートはケースが無いので自分のさじ加減で荷物のサイズが決まり、荷物がハミ出す結果に。

なので、荷物がハミ出さない工夫が必要となります。

また、階段は当然ながらしんどい。これは仕方なしですね。

メリット

キャリーカートキャンプのメリットは?

  • 車輪が大きい
  • ちょっとした段差でも躓かない
  • 肩への負担が減る

逆にキャリーカートキャンプのメリットとしては、車輪が大きい!

BUNDOK キャリーカートには、Sサイズもあるのですが、Sサイズは車輪が小さいので、Mサイズがおすすめです。

スーツケースだどちょっとした段差にも躓いていましたが、キャリーカートは車輪が大きいのでちょっとした段差で躓かなくなりました。

あと、キャリーカートにテントなど重い物を詰めるようになったので、肩への負担が軽減されましたよ。

今は、このキャリーカートと一緒にソロキャンプに行くことが増えています。

電車と徒歩キャンプ荷物の運び方4.キャリーカートにバックパック搭載

電車と徒歩キャンプの荷物の運び方4は「キャリーカートにバックパック搭載」です。

4回目(ソロキャンプ)

キャリーカートキャンプ

4回目、ソロキャンプ荷物の運び方はこんな感じ。

キャリーカートは、いかに、あちこちに荷物がハミ出さないようにするかが大事です。

キャリーカートに載せるケースに工夫が必要になるわけですが、私が試したのが、60L バックパックをキャリーカートに搭載する方法でした。

しかも見た目にも拘ってミリタリー風のバックパックに。

我ながら、なかなかのカッコ良さに。

キャンプ時の模様

電車徒歩ソロキャンプ

自分の中で、だんだん洗練されていってる気がしてます。

私のソロキャンプは、カッコ良さを大事にしていて、このソロキャンプでは「軍っぽさ」をテーマにしております。

デメリット

キャリーカート+60Lバックパックのデメリットは?

  • 荷物を入れ過ぎてしまう
  • 階段しんどい

BUNDOK キャリーカート Mサイズ60L バックパックに移行していますが、ここにも問題がないわけでありません。

やはり、荷物を入れ過ぎてしまう!

60Lなので結構たくさんの荷物が入ってしまうんですよね。テント・シュラフ・椅子・コンパクトな薪も入ってますし。

なので、電車を降りて階段を降りるときは大変だったりします。

ただ、階段を降りるタイミングはそこまで多くないので、これは仕方ないということにしてます。

メリット

キャリーカート+60Lバックパックのメリットは?

  • バックパックを背負わないので肩の負担がない
  • 荷物がいっぱい入る

とにかく、移動が楽に。ただ、階段はしんどい。これはスーツケースキャンプでもそうですね。

ただ、階段に遭遇する場面が少ないので、歩くことを優先すると、車輪が大きいキャリーカートは最強です。

そして、荷物がいっぱい入る。荷物を頑張って減らしてるつもりでも、減らないのがキャンプ。

電車徒歩キャンプ、荷物の運び方は進化する

これまで色んな方法で荷物を運んでみましたが、結果的には、キャリーカートが最強ということで私の中では結論づいています。

荷物の運び方 メリット デメリット
40Lバックパック 移動が楽 肩が痛い、荷物が入らない
スーツケース 見た目がスタイリッシュ 車輪が小さく、すぐ躓く
キャリーカート 車輪が大きく移動が楽 荷物がハミ出る

ただ、これから何回も電車徒歩キャンプを重ねていくうちに、また新たな運ぶ方法を編み出していくんだと思います。

その際は、またこの記事で追記という形で追加していきますね!

「車ないけど、キャンプしたい!」、夢を実現させましょう。

 

-女ソロキャンプを始めよう!

Copyright© おひとりさまですブログ。|女ソロキャンプ始めました , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.