2017/06/02

【phontoアプリの使い方】写真・画像に文字を入れることが出来る優れもの!

 

ブログコンサル、やってます。気軽にご連絡ください。

こんにちは、おひとりさまブロガー和泉です!

今日は、私がこのブログのアイキャッチ画像を作るときによく使っている「phontoアプリの使い方」について詳しく解説します!

  • スマホから簡単に、写真に文字を入れてみたい方
  • スマホから簡単、画像に文字を入れてみたい方

に向けて書いています!


スポンサーリンク


「phonto写真文字入れ」アプリとは?

写真に気軽に文字を入れたい!って考えたことありませんか?

フォトショップとかイラストレーターとかそんな難しいことは出来ないし、エクセルとかでわざわざ入れるのは面倒だし・・・。

そんな時に便利なのが今回おすすめする「phontoアプリ」。

「phonto」アプリは、写真に文字を簡単に入れることが出来るアプリです。

  • 以下の画像は、私のブログのアイキャッチ画像ですが、すべて「phontoアプリ」を使って文字を入れています!

写真や画像に文字を入れるだけで、イメージがグンと変わりますよね!

フォント種類が豊富

「phontoアプリ」はとにかくフォントの種類が豊富!

自分でフォントをダウンロードすることで、色んなフォントを使用することが出来ます。

使い方についてはまた後程解説します。

phontoアプリ

以下の画像で、3種類のフォントを比べてみました!

phontoアプリ

  • 1番目 じゆうちょうフォント
  • 2番目 KFひま字
  • 3番目 ふい字

こんな感じで、色んなフォントで写真に文字を入れることが出来ます!

背景色も変わる

「phontoアプリ」は文字の背景にも色を入れることが出来ます!

写真に文字を入れると見にくいこともあるので、背景を入れることで見やすくすることが出来ます。

phontoアプリ

斜めにも出来る

簡単に斜めにすることも出来ます。

phontoアプリ

ストローク機能で文字に縁を入れることもできる

文字に縁をつけるこも出来ます。もちろん色も好きな色に出来ます!

phontoアプリ

写真に文字を入れるとき、「文字が目立たない!」ってときに便利な機能ですよね。

影を入れることも

わかりずらいかもしれませんが、「phontoアプリ」を使うことで文字に影を入れることも出来ます。

phontoアプリ

「phontoアプリ」は本当に色んな文字の装飾が出来るので、便利なアプリです。

では、以下からは「phontoアプリの使い方」について解説していきます!

まずは、「phonto写真文字入れ」アプリをダウンロード

まずは「phonto写真文字入れ」アプリをダウンロードしてください。

  • iPhoneの場合は、appストアからダウンロードを。

phontoアプリ

  • androidの場合は、Googleplayからダウンロードを。

phontoアプリ

記事を読むのが面倒だぜ!って方に、動画で解説!

記事を読むのは面倒だぜ!って方に、動画で「phontoアプリ」の使い方について解説しましたので参考にしてください。

「phonto写真文字入れ」アプリの使い方【基本編】

ここからは、「phonto写真文字入れ」アプリの使い方について解説していきます!

  • 「phonto写真文字入れ」アプリを開きます。

phontoアプリ

  • 次に文字を入れたい写真を選択します。
  • 画像のマークを押します。

phontoアプリ

  • 新しい画像の選択画面が出てきたら、「端末内の画像を読み込む」を選択します。

phontoアプリ

  • 入れた写真(画像)に文字を入れていきます。
  • ペンのマークを押します。

phontoアプリ

  • どんなフォントにするか選択します

※使ったことないフォントはダウンロードしてください。

フォントを押すことでダウンロードすることが出来ます。

phontoアプリ

今回は、「じゆうちょうフォント」を選択します。

phontoアプリ

  • 次に文字を入れます。
  • 文字を入れてOKなら、「完了」を押します。

phontoアプリ

  • 簡単に、文字を入れることが出来ました

phontoアプリ

文字の色を変える

文字の色を変えることが出来ます。

  • 「スタイル」ボタンを押します。

phontoアプリ

  • 文字の色を横にスライドすることで、色を選択することが出来ます。
  • 「完了」ボタンを押す。

phontoアプリ

  • 文字の色を変えることができました!

phontoアプリ

大きくする

もちろん、文字を大きくすることもできます!

  • 「大きさ」ボタンを押す。

バーが出てくるの左右に動かすことで大きさを変えることが出来ます。

phontoアプリ

phontoアプリ

移動させる

  • 文字を好きな場所に移動させる

「文字を押さえることで、好きな場所に移動させることができます!」

保存

  • 画面上の保存ボタンを押すことで、ギャラリーに保存されます。

phontoアプリ41

では、ここからは応用編をやっていきます!

「phonto写真文字入れ」アプリの使い方【応用編】

ここからは「phonto写真文字入れ」アプリの使い方、応用編をやっていきます!

斜めにする

文字を斜めにしてみましょう!

  • 「傾き」ボタンを押す
  • バーが出を左右にすることで斜めに出来ます。

phontoアプリ

背景色

文字に背景をつけてみましょう!

  • 「スタイル」を選択
  • 「文字色」と書かれているところを押します。

phontoアプリ

  • 「背景」を選択

phontoアプリ

  • 背景の色をスライドして選択
  • 「透明度、幅、高さ、角」を変えることができます。

phontoアプリ

  • 完成!

背景に透明度も入っているのがわかるかと思います!

phontoアプリ

次は、文字に影を入れてみましょう!

  • 「スタイル」を選択
  • 「影」を選択

phontoアプリ

  • 影の色をスライドして選択
  • 「透明度、ぼかし、横、縦」を変えることができます。

phontoアプリ

  • 完成!

簡単に影を入れることが出来ました。

phontoアプリ

ストローク(縁取り)

次は、文字に縁取りを入れてみましょう!

  • 「スタイル」を選択
  • 「ストローク(縁取り)」を選択

phontoアプリ

  • ストローク(縁取り)の色をスライドして選択
  • 「透明度、幅」を変えることができます。

phontoアプリ

  • 完成!

簡単にストローク(縁取り)を入れることが出来ました。

phontoアプリ

間隔

次は、文字に間隔を変えてみましょう!

  • 「スタイル」を選択
  • 「間隔」を選択

phontoアプリ

  • 間隔の色をスライドして選択
  • 文字、行を変えることができます。

phontoアプリ

  • 完成!

わかりにくいかもですが、さっきより文字間隔が広がりました!

phontoアプリ

カーブ

次は、文字をカーブさせてみましょう!

  • 「スタイル」を選択
  • 「文字のカーブ」を選択

phontoアプリ

  • 「角度」を変えることができます。

  • 完成!

「phonto写真文字入れ」アプリの使い方【画像を共有する方法】

作った画像を様々なアプリで共有することも出来ます!

  • 画面上の「…」を選択
  • 「共有」を選択

phontoアプリ

  • 好きなアプリを選択して、共有することが出来ます。

phontoアプリ

「phonto写真文字入れ」アプリの使い方【画像形式を変更する方法】

作った画像の形式を変更することができます!

  • 画面上の「…」を選択
  • 「設定」を選択

phontoアプリ41

  • 「画像出力形式」を選択

phontoアプリ

  • JPEG、PNGの選択が出来ます

phontoアプリ

ふつうに使うのであれば、JPEGの設定がおすすめです。

PNGだと重くなってしまうので。

最後に

ここまで「phonto写真文字入れ」アプリの使い方について解説してきました。

私のブログサイトの画像の文字は全部「phontoアプリ」使ってます!

このアプリでバナーを作ることもあって、ほんと便利なアプリなんですよ。

スマホアプリで簡単にバナーを作る方法については、アプリでバナー作成!記事で詳しく解説しています!

ちなみに、今回のこの記事のアイキャッチ画像も「phontoアプリ」で作りました。

最後までお読み下さり、ありがとうございます。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です